バルデ77

古着


祐天寺のバルデ77。
メンズのブランドのショップに行ってまいりました。

以前からあるブランドで自分が知ってから10年はブランドやってるんじゃないかな?

古着をベースに物を作っているブランドのお店です。
ブランドの製品以外にも古着もお店で扱っていて行ったのは今回で3回目ぐらい。

あのさ。
嘘言っていい?

それまではアメリカの服をベースにしてあるけどサイジングは小さめの洋服って言う、その時の取引先で売れる様に寄せたようなものが多いという風に感じて少し若いっていうイメージだった。

久しぶりに見ると全体的に凄い良い。
例えば古着のテントの生地を使ってリメイクしたジャケット、ベストそれはデッドストックの物を使っていてキャッチーなビジュアルだった。

そういったものは他にもやってるブランドはあるけどやっぱり面白いですね。
あとは古着のパジャマを解体してシアサッカーやローン、ブロードや全て柄物を剥いでパッチワークのロングシャツも光っていた。

後はノーカラーのウエスタンシャツみたいなアメリカの洋服をどれも少しオリエンタルなムードに独自に解釈されていてどれも良かったです。

古着以外にパジャマのパンツやシャツも流石に良く出来ていた。
また取り扱ってる古着もめちゃくちゃいい。
それに値段が相場よりもはるかに安いなという風に感じますね。

ウールの60年代の1Bのジャケット、それはピークドラペルがワイドな幅でサテンの切り替えになっていて、素晴らしい古着だった。

それで1万円代前半ぐらい。
他のお店だと2倍以上の値段は普通にする様な物だと思う。
先染の柄物のシャツも他のお店には中々ない様な物で新鮮さを感じた。

コットンフランネルのウエスタンシャツも良いのがあったんだけど、どうしてもウエスタンシャツは肩が内側に入って着丈が長くウエストがシェイプした形が多く自分が取り入れ辛いものではある。

その古着は年代も古いもので、それも1万円ぐらいで他のお店よりも安い。
すごく良かったですね。

ヴィンテージのライダースジャケットも神ってましたね。最高のホースハイドを使っていてイギリスの形。
かなりグッドコンディション。
そしてグッドサイズ。

それでも4万円だったんですけど、4万円では出てこないよねっていうような物と思いました。
タグが取れててメーカーは不明だけど、個人的に洋服のタグなんて無くても合っても同じ物を選べる自信があるので。

なんか少し脱線したな。

祐天寺のお店の特徴として営業時間が遅く9時を過ぎてもやっているお店が多いので、バルデ77のブランドの洋服も古着も同時に楽しめて遅い時間でも洋服が見たいって言うような人にはすごくおすすめです。
ぜひ行ってみてください。

現場からは以上です。

このブログは毎日をただ暇に過ごす僕が東京の服屋に行けるだけ行ってみようよ、それをコンセプトにしたノンヒィクションのヒューマンドラマだ。

バルデ 77 of Yutenji.
I went to the shop of the brand of men.

Do not do a brand for ten years after oneself knew it with an old brand?

It is the shop of the brand making a thing to a base with old clothes.
It is this time that sold the old clothes as well as the product of the brand in a shop; as for the third.

You know.
May I say a lie?

It was an image that the sizing felt for wind that there were many things which I put to be popular in the business partner where small clothes said to at that time though American clothes were based on and was young a little till then.

When see it after a long absence, is great generally; is good.
For example, it was the visual which jacket which remade using the cloth for tent, that of old clothes best used the thing of the dead stock, and was catchy.

Besides, I walk, but after all, as for such thing, the brand doing is interesting.
I dismantled the pajamas of old clothes afterward and tore off seersucker and a loan, broadcloth and all cloth with patterns, and the long shirt of the patchwork shined, too.

All the American clothes such as the western shirt of the no-collar were interpreted in the slightly oriental mood originally afterward and were good all.

As is expected, underwear and the shirt of pajamas were well-done other than the old clothes, too.
In addition, the old clothes handling are very good.
I feel it for wind to be much cheaper than market price in it.

Jacket, that of 1B of the woolen 60s changed the satin by the width that ピークドラペル was wide and were splendid old clothes.

So as for the 10,000 yen first half.
I think that the prices more than double are the things which they seem to wear commonly when it is other shops.
The shirt of the cloth with patterns of 先染 felt freshness in the thing which there did not seem to be very in other shops, too.

There was that the western shirt of the cotton flannelette is good, but a lot of forms that a shoulder enters the western shirt inward by all means, and length is long, and a waist did a shape are the things which oneself is hard to take in.

The old clothes are old in the generation, and it is cheaper for around 10,000 yen than other shops, too.
It was very good.

A seed better as for the riders jacket of the vintage as for God. Use the best horsehide; and a form of the U.K.
Considerably good condition.
Also good size.

Still it was 40,000 yen, but thought that I did not come out for 40,000 yen with the thing which said.
As I get a tag and am sure to be able to choose the same thing even if the tag of clothes is correct personally even if there is not it though the maker is ignorance.

I derailed a little what it was.

As there are many shops which I do even if business hours are over 9:00 as a characteristic of the shop of Yutenji late, it is recommended to a person saying that I can enjoy both the clothes of the brand of バルデ 77 and the old clothes at the same time and want to see clothes even at late time very much.
Please go.

That is all from the spot.

As for this blog, I who merely spend every day in time will perform going in the clothes shop of Tokyo, it is a human drama of ノンヒィクション which did it in a concept.

■機械翻訳の結果
佑天寺的巴尔德77。
去了人的名牌的店铺。

自己用某一个名牌从以前起知道之后没在10年给予名牌吗?

是对基础用旧衣服在做东西的名牌的商店。
在商店使用名牌的产品和旧衣服的是这次第3次。

喂。
谎话说,好?

是虽然迄今为止以美国的衣服为基础了可是为了较小的西服是说的当时的客户,并且走俏好像送到了的东西在许多的风感到测量,据说年轻一点的形象。

隔了好久看的话全体惊人好。
是比方说使用旧衣服的帐篷的布料,重新制作的茄克,最好那个使用滞销商品的东西,作为悦耳易记的视觉。

那样的东西,另外也正给予的名牌虽然有可是仍然有趣。
拆卸还有的旧衣服的睡衣,剥下shiasakka以及贷款,绒面呢以及全部花纹物,拼凑细工的长衬衫也发着光。

后来,被解释在作为小量的远东的气氛哪一个都独自像不彩色的西部衬衫那样的美国的西服,哪一个都好了。

睡衣的裤子以及衬衫也真不愧正除了旧衣服以外不错。
另外,办理的旧衣服一团糟也好。
为脱离而价格也对远远便宜的风比行情感到。

羊毛的60年代的1B的茄克,那个正用pikudoraperu宽大的宽度转换段子,是出色的旧衣服。

在那个1万日元费前半。
认为是超过2倍的价格好像一般地认定是其他的商店的东西。
先染的花纹物的衬衫也在好像没有的东西在其他的商店很感到新鲜了。

虽然有棉布法兰绒的西部衬衫好的了可是肩膀无论如何向内侧加入了西部衬衫,长度长,并且腰身做样子的形状是许多自己难以采纳的东西。

那套旧衣服,年代也是旧的东西,并且,那个也便宜从其他的商店用1万日元左右也。
非常好了。

复古的骑手茄克也是神ttemashitane。雇用最好的软管海德,英国的形状。
相当好的状态。
以及好的尺寸。

虽然即使这样是4万日元可是和不用4万日元出现,研究,好像据说的东西想了。
标签正能消掉,虽然厂商不详无论没有还是西服的标签个人准确可是都能选一样的东西因为有自信所以。

是什么脱轨了一点。

因为即使营业时间晚一些作为佑天寺的商店的特征过9点也正做的商店多是同时能享受巴尔德77的名牌的西服和旧衣服,晚的时间所以,但是对好像据说西服想看的人厉害推荐。
请一定去。

从现场,是以上。

这个博客不过在空闲渡过每天的我在东京的衣服店进行能去吧,是在概念做那个的nonhiikushon的人道连续剧。

コメント

タイトルとURLをコピーしました