ブラックコムデギャルソン

東京ファッション通信


COMME des GARCONS Black 渋谷。
ブランドはどれもユニセックス。
コムデギャルソンオムプリュスのセカンドラインと言うか安価なブランド的な立ち位置のブランドになっている。

へい 東海地方。

色は黒がやっぱりどのアイテムにも使われていますね。
過去にプリュスとかで実績があった型紙を使って安価な生地に載せ替えているって印象ですかね。

ポリエステル、ナイロンのタフタ、ブロードとかギャルソンで使う定番の素材。

そういった素材の安価なラインなんですけれども意外と良くできていてコムデギャルソンっぽさはしっかりあるのでコムデギャルソンにエントリーするブランドとしてはかなり良いんじゃないでしょうか。

今回見てきた中だと特にジャケット類であるとか定番のサルエルパンツにブリーチしたブラックデニムが使っているのがあってそれがすごく良かったですね。

定番のサルエルパンツもデニムだと全然違って見えて良かった。

特に変わったところがない普通のジャケット類とかがウエストのシェイプがきついものではなくて形が普遍的でオススメ。

買ってから何年か経っても変わらずに着れますね。

誰が着ても似合う形なんじゃないかなと思いますね。
イギリス的なタイトなジャケットを似合わないけど着てる人、最近は減ったけどデブが着てると拷問を受けてる様にどうしても見えてしまう。

ブロードのシャツは柄の物が多くてそのシーズンによってグラフィックが変わるけど、形はそんなには変わらないかな。

アウターだとチャイナジャケット、コーチジャケットとかもある。
比較的、形が凝ったものは得意の異素材のドッキングで丈を長くした様な物や、作る途中でふざけちゃった様な物。

その辺りはノーコメント。

普通にポリエステルのスラックスとかがフォーマル過ぎなくて自分でも取り入れられそうだと思ったな。
ただ黒しかない。

比較的トラディショナルの枠を超えないものが自分は良いと思ったし、やっぱりかっこいいなあと思いましたね。

今時期なんかだとナイキとコラボレーションしたTシャツとかも出していたりとかしましたね。

昔コムデギャルソンが好きで良く着ていたんだけどお店で見る事もだんだん少なくなっていった。

アイテムやブランドを絞れば今でも着れる物っていうのはあるなっていうような発見が今回ありましたね。

店内の大きいオブジェみたいなのもあるのでぜひ見に行ったら楽しいんじゃないかなと思います。

バイバイ。

このブログは毎日をただ暇に過ごす僕が東京の服屋に行けるだけ、行ってみようよ、それをコンセプトにしたノンフィクションのヒューマンドラマだ。

COMME des GARCONS Black Shibuya.
All the brands are unisex.
Is like the brand which say the second line of コムデギャルソンオムプリュス, or is cheap; stand, and it is in the brand of the position.

The wall east sea district.

After all, as for the color, black is used for all items.
When I pick you up on cheap cloth using the paper pattern which had results in プリュス in the past and change it, is it an impression?

Basic material to use in polyester, taffeta, broadcloth or young men of nylon.

It may be considerably good for the brand which an entry does in コムデギャルソン as I am good unexpectedly though it is a cheap line of such a material, and there is the quality of being コムデギャルソン well.

There was that the black denim that bleach assumed that it was in particular jackets to classic sarouel pants when it was the inside that I looked at this time employed you, and it was good very much.

It was good that it seemed that it was entirely different when the basic sarouel pants were denim.

It is not hard, and a form is universal, and the shape of the waist recommends it whether it is common jackets without a particularly strange place.

I can wear it without changing even if it passes for several years after buying it.

I think what a form to look good with even if anyone wears it is not.
It is never seen to receive torture when a fatty wears it though it decreased in a person, these days when I wear a U.K.-like tight jacket though I do not look good.

Though the shirt of the broadcloth has many things of the pattern, and graphic changes by the season, does the form not change so much?

When it is an outer, there is it with China jacket, a coach jacket.
The thing that the thing which relatively had elaborate form seemed to lengthen length by the docking of different fabrics of the pride and the thing which was on the way, and seemed to joke to make.

The neighborhood is no comment.

I thought that a slacks of the polyester was not too formal and seemed to be taken in myself commonly.
There is only only black.

The thing which was not beyond a relatively traditional limit thought that oneself was good and thought that after all you were cool.

I provided it with the T-shirt which performed Nike and collaboration when it was time and just dissolved it.

What I liked コムデギャルソン and wore it well, but saw in a shop gradually decreased in old days.

There was the discovery that there did not be still the thing to be able to wear, and it was said if I squeezed an item and a brand this time.

I think that it may not be fun if I go to see it by all means as there is that I am like the big art object in the shop.

Bye-bye.

As for this blog, I who merely spend every day in time will perform going in the clothes shop of Tokyo, it is a human drama of the nonfiction which did it in a concept.

COMME des GARCONS Black涩谷。
名牌哪一个都是男女两用。
说komudegyarusonomupuryusu的第二线,或者便宜的名牌性站着,是位置的名牌。

经过,有东海地方。

颜色,黑被用于仍然也哪个项目。
使用实际成果在puryusu在过去有的纸样,对便宜的布料装上,正换的话是印象吗?

用聚酯,尼龙的塔夫绸,绒面呢或者姑娘损失使用的经典的材料。

虽然是那样的材料的便宜的线可是正意外地不错,komudegyaruson的样子作为因为结实地有所以报名komudegyaruson的名牌相当不好吗?

有什么漂白特别对经典的猴子L裤子茄克类认定是这次看的里面的黑色粗斜纹布使用,那个非常好了。

经典的猴子L裤子是粗斜纹布的话完全可以能不同了。

不一样的但是没有的普通的茄克类形状普遍性,并且特别而不是腰身的样子严厉的东西推荐。

不即使买之后几年过去也变化而能穿。

认为是否不是即使无论谁穿也适合的形状。
为了正受到拷问无论如何能认为虽然减少了可是胖子虽然不适合可是穿英国式的紧凑的茄克的人,最近穿着。

虽然绒面呢的衬衫,花纹的东西多,图像根据那个季节变化可是形状不那么变化吗?

是外衣的话也和中国茄克,教练茄克有。
形状很讲究的东西比较是拿手的異素材的入坞,并且好像把长弄长了的东西以及做的中途好像开玩笑的东西。

这附近是无可奉告。

认为聚酯的裤子不太形式上了,甚至自己好像被一般地采纳了。
不过只没有黑。

认为自己不超出传统风格的范围的东西比较好了,仍然帅之后想了。

让也和耐克和协作认定现在是时期的T恤拿出,解开了。

虽然过去喜欢komudegyaruson,好好穿着可是在商店看的渐渐减少了。

如果挤项目以及名牌的话,现在还这次有了好像说不有能穿的东西的发现。

当为因为有好像作为商店里面的大的题材的所以一定看而进行了的时候,不开心的话想。

再见。

这个博客不过在空闲渡过每天的我在东京的衣服店进行能去吧,是在概念做那个的纪实文学的人道连续剧。

コメント

タイトルとURLをコピーしました