キャシディー

東京ファッション通信

セレクトショップと言うよりもメンズショップって言葉が似合うお店。

原宿の老舗キャシディー。

普遍的なアメリカントラッドなスタイルを打ち出している。

スタイルとしてはオーセンティックだけどサイジングは現代的。

かといってやり過ぎなタイトフィットじゃない。

長く飽きずに着れる服って都市伝説だと思ってる所があるけど、キャシディーのセレクトが一番それに近いと思う。

一部を除いて一点一点の商品に分かりやすい派手さはないかもしれないけど週に何回も着る服ってこういう服だったりする。

エンジアドガーメンツを前から扱っていて、パッチワークとか派手な感じのじゃなくて普通のコットンのジャケットがカッコいいと思う。

今マーケットにあるジャケットで一番自分の理想に近いかな。

アメリカントラッドがベースの服は肩が内に入るのが多くてサイジングが自分には少し難しいんだけど。

ラルフローレンしかり、ブルックスブラザーズしかり。

スニーカーはコンバースのオールスターがベストスニーカーだからスプリングコートなんてダセーと思ってたけど現行のネイビーは色が微妙なので良いかもしれないと思った。

AIEってブランドのシャツを入れてるのが意外だった。

普通のペインターシャツだけど元ネタを知らない人には新しく見えるんだと思う。

あとはリップストップのミリタリーパンツも値段も手頃で良い。

なんか本当に軍に供給しているメーカーの物らしい。

オリジナルは黒がないので黒とか良い!

バイヤーの方が店頭に立ってるんだけど決して饒舌で話が上手いタイプじゃないんだけど、凄く気持ちがいい距離感。

そんなに単純じゃないかもしれないけど、こういう人がお店に立ってると説得力を生みファンを生み売り上げを生むんじゃないかと思う。

自分ぐらいの年代の人にも是非行ってもらいたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました