キディル渋谷

東京ファッション通信


キディル。
メンズ、ユニセックスって感じ。
渋谷の明治通りお店。

一見ショールームなのかと思って入って良いのかダメなのか中々迷った。

HIROってブランドが前身のブランドでその時から気にはなっていた。
前にトレーディングミュージアムで取り扱いだしたのを見て、そう言えばちゃんと見た事ないなと思ったので突撃してきました。

全体的にオーバーサイズなシルエットが多いのと、ロンドンの古き良き的なパンクススタイルをストリートっぽく表現している。

結構この感じのブランドは他にない様に思う。
イデオロギーは違うけどファセッタズムとかみたいな服だと感じた。

ファセッタズムはもう少しヒップなカルチャーを取り扱うイメージ。
スケートとかロック、ヒップホップなマインドと言いますかね。

デザインからしてクオリティが雑でも個人的には許されるテイストだと思ったのと単純に雑なイメージだったけど、しっかりクオリティはある。

普通のライダースジャケットも作っていたけど、凄く真面目なと言うか丁寧さがある。

ブリティッシュなチェックパンツとか此処ぞという生地は配色が凄くカッコいい。
その辺りはオリジナルの生地だと思う。

アウター、裏毛、布帛、比較的に半身を配色にするデザインが多かった。
チェックのアナーキーシャツとかが普通に着たいと思った。

どっかのブランドのダブルネームの靴がハラコをクレイジーパターンで使っていてそれはゲキ渋だった。

今年見た革靴で一番かっこいいと思ったすっね。

自分で履くには圧倒的に派手だけど、それでも履いてみたいと思わせてくれた。

シェイシェイ。

このブログは毎日をヒマに過ごす僕が何のモチベーションもなく、とりあえず東京のお店を沢山行ってみるって言うのをコンセプトにしたノンフィクションのヒューマンドラマだ。

キディル.
I feel men’s unisex to be.
Meiji Dori shop of Shibuya.

Seemingly I thought whether it was a showroom and entered and readily hesitated whether it was not good whether it was good.

HIRO was worried about a brand with the brand of the forerunner from time.
As I thought that I had not seen it properly if I said so on seeing what I had begun to handle before in a trading museum, I charged.

I express the flat soot tile which is one with many silhouettes which are oversize and a good old mark of London generally like a street.

The brand of this feeling thinks that, besides, there is not it plenty.
I felt that the ideology was ファセッタズム or clothes though it was different.

The image that ファセッタズム deals with the culture that is the hips a little more.
Is it called the mind that is skating or a lock, hip-hop?

Though it was one and an image sloppy simply that I thought to be a permissible taste personally even if quality is sloppy judging from a design, there is the quality well.

Though I made the ordinary riders jacket, straightness なと says very much, or there is courteousness.

A color is great, and check underwear or the here ぞという cloth which are a yellowtail tissue are cool.
I think the neighborhood to be original cloth.

An outer, fleece pile, a cloth, there were relatively many designs with the half of the body as a color.
A checked anarchy shirt wanted to wear it commonly.

Shoes of the double name of the brand of somewhere employed Harako by a crazy pattern, and it was manifesto astringent juice.

If is the coolest with the leather shoes which looked at this year; 思 ったすっね.

He/she let still you wear it to wear it by oneself though I was predominantly showy.

Shay Shay.

This blog is a human drama of the nonfiction which did that I say that I who spend every day in time perform a shop of Tokyo without any motivation a lot first of all in a concept.

kidiru。
男子,男女两用被感到。
涩谷的明治路商店。

是否认为是否看上去是展示厅,可以进入是否不行很犹豫不决了。

HIRO正用前身的名牌从那时起在意名牌。
看以前在贸易博物馆开始办理,沿着因为如果据说的话,没正当地看过的话想了所以发动突击了。

好像是街道,并且正全体表现作为有许多作为夸大的尺寸的轮廓的东西和伦敦的旧的好的对象的爆胎煤尘瓷砖。

这个感觉的名牌另外相当觉得好像没有。
虽然不同可是意识形态感觉到是fasettazumu或者衣服了。

fasettazumu再讨论作为臀围的文化的形象。
叫作为溜冰或者锁头,嘻哈的心理吗?

质量杂七杂八,并且虽然是觉得是被饶恕的味道的东西和单纯杂七杂八的形象可是个人也在设计看来结实地有质量。

厉害说认真的nato,或者虽然也在做普通的骑手茄克可是有郑重的程度。

作为不列颠的检查裤子或者这里zotoiu布料,配色厉害样子好。
这附近认为是原创的布料。

外衣,背后毛,纺织品,把半身换成配色的设计比较多了。
检查的无政府状态衬衫想一般地穿。

dokkano名牌的双姓名的鞋用肠共o发疯模式雇用,那个是宣言不。

认为今年用看的皮鞋最帅一下子。

为了自己穿虽然压倒性地花哨可是想让即使这样穿。

谢伊谢伊。

是在概念做据说在这个博客,在空闲渡过每天的我姑且无什么的动机形成而进行许多东京的商店的纪实文学的人道连续剧。

コメント

タイトルとURLをコピーしました