ダファーオブセントジョージ原宿

東京ファッション通信


ダファーオブセントジョージ原宿。
キャットストリートの路面店。

メンズでブランドですね。
実に10年ぶりぐらいにお店を見た。
実は学生の時にここのブランドのダッフルコートを冬に毎日来てた覚えがある。

その時の何年か冬は必ずショートダッフルだった。
セブンってお店の田村さんが雑誌で赤いヤツを着ていてそれに痺れたんだ。

グレーが当時から好きだったからその年にグレーのダッフルコートを売っていたのがダファーだけだったからって理由で購入した。

時は立ちショートダッフルがイケてないアイテムに成り下がった時にグローバーオールの真っ赤なロングダッフルを見つけて即買って着ていた。

その時は毎日ファレルウィリアムスと同じハットを被っていたのでマスコット感が出過ぎて着なくなった。

それからダッフルコートとは今も一定の距離を保っている。

当時はブランドの事は何も知らずに買っていた。
超高かったけどネームが読めないから知らないまま何年も着ていたり、CDやレコードも全部ジャケットを見てだけの情報で買っていたから今思うと、自分が選ぶ物に前情報や先入観がないのはその時の延長だからだと思う。

元々はイギリスのブランドだけど商品見ると別に日本の普通のマーケットの製品と変わんないなっていう印象。

パンツ類がスウェットであろうとデニムだろうとチノであろうとアメリカンイーグル感と言うか。

全部身体に沿わしていてなおかつ裾幅も狭く総丈も短いっていうような形がすごく多かった。

居酒屋のキャッチの人みたいなスタイルに感じた。
トップスに関しては多少ブリティッシュさを感じる様な物もあったけど上代に対して子供っぽい様に思う。

サーフ感やオリエンタル感、ブリティッシュ感の着地が拉致があかないと言った所でしょうか?

誰が買うかイメージ出来ないかも知れない。

目指してる所はポールスミスなのかと思うけど難攻不落の要塞。

すげぇよ。  ポールスミス。
オレは着ないけど。

個人的にはインディゴ染めのジャケットとか好き。
インディゴが好きなので。

このブログは毎日をヒマに過ごす僕が何のモチベーションもなく、とりあえず東京のお店を沢山行ってみるって言うのをコンセプトにしたノンフィクションのヒューマンドラマだ。

ダファーオブセントジョージ Harajuku.
The road surface shop of the cat street.

It is a brand in men.
I looked at the shop to a yellowtail really for ten years.
In fact, I remember that I came in the duffel coat of the brand here at the age of a student every day in winter.

That it was how many years at that time was a short duffel by all means in winter.
As for the seven, Tamura of the shop wore a red guy with a magazine and was fascinated by it.

I purchased it for a reason because it was only ダファー that sold a gray duffel coat in the year because I liked gray from those days.

When I fell, I found the bright red long shot duffel of the Glover oar to the item that I stood at time, and a short duffel was not good and bought it immediately and wore it.

As I covered with a hat same as Farrell Williams every day, a feeling of mascot flowed too much and did not wear it then.

Then I still keep constant distance with the duffel coat.

I bought a brand in those days without knowing anything.
When I wear it for years without knowing it because a name is not readable though it was super high and just think because all the CD and the records bought it in information seeing a jacket, I think that this is because it is extension at that time that there are not the former information and a preconception to the thing which oneself chooses.

Originally an impression that there are not the product of the Japanese normal market and a strange bowl particularly when I look at the product though it is a British brand.

Do you say that it will be denim when underwear will be a sweat shirt with a feeling of American eagle to be Chino?

There were many forms that I let you all measure up to bodies, and it was said that the hem width had short total length narrowly besides very much.

I felt it in the style like the person of the catch of the bar.
Though there was the thing which seems to feel a little British さを about the tops, I think that I am childish for Nara period.

Will the place of arrival of a feeling of surf and an oriental feeling, the British feeling be the place that said that abduction does not open?

I may not image it who buys it.

Though the place aiming at thinks whether is Paul Smith; an impregnable fortress.

Great. Paul Smith.
I do not wear it.

I like you with a jacket of the indigo dyeing personally.
As I like indigo.

This blog is a human drama of the nonfiction which did that I say that I who spend every day in time perform a shop of Tokyo without any motivation a lot first of all in a concept.

dafaobusentojoji原宿。
猫街道的路面店。

在人是名牌。
实际时隔10年看了商店。
实际上有每天在这里的名牌的粗呢短大衣在学生的时候冬天来的印象。

冬天一定当时的几年是shotodaffuru。
七,商店的田村穿着用杂志红色的家伙,为那个而陶醉了。

虽然因为格雷从当时起喜欢了所以把灰色的粗呢短大衣卖给那个年龄的只是dafa可是由于理由购买了。

在时候,站着,得不好的项目,shotodaffuru降下来了的时候,找到辉光酒吧全部的通红的rongudaffuru,马上买,穿着。

因为那时每天遮盖着与Pharrell Williams相同的帽子所以吉祥物感觉出得太多,变得不穿了。

然后现在也正和粗呢短大衣保持一定的距离。

当时为什么都不知道名牌而买。
因为虽然超高了可是姓名不能够阅读所以不知道好几年穿,因为CD以及唱片全部是看茄克的信息,并且正买所以现在想的话对自己选的东西没有前信息以及成见的当时的延长是是的话想。

虽然原来是英国的名牌可是看商品的话特别地没有日本的普通的市场的产品和奇怪的碗的成为,据说的印象。

想是粗斜纹布想要是奇诺于是,并且和美国的鹰感觉据说裤子类是运动衫吧吗?

正让全体满足身体,好像据说依然以及下摆宽度总长也狭窄地短的形状厉害多了。

对像小酒馆的捕捉的人那样的样式感到了。
虽然对顶端,有好像多少感到不列颠sao的东西了为了像小孩子一样可是针对上代想。

冲浪感觉以及远东感觉,不列颠感觉的着陆是说绑架不开的地方吗?

谁买,或者也许不想像。

虽然认为是否为目标的地方是Paul Smith可是难攻不落的要塞。

惊人。 Paul Smith。
我不穿。

个人和靛蓝染色的茄克喜欢。
因为喜欢靛蓝所以。

是在概念做据说在这个博客,在空闲渡过每天的我姑且无什么的动机形成而进行许多东京的商店的纪实文学的

コメント

タイトルとURLをコピーしました