グローバルワーク渋谷

東京ファッション通信


グローバルワークの渋谷。
ここのお店自体初めて行ってきた。

1階はウィメンズ。
2階がメンズ。

比較的たくさん人は入っているようだったけど、ウィメンズに関してはファミリー向けと言うか。
アースミュージック&エコロジーのような、とにかく鈍臭い感じの服。

言葉がそれ以上見つからない。

結構感度の低い今日本人の女性にはすごく人気なテイストとは思う。どうでもいいです。

あと見に行ったはいいけど何も覚えてない。

メンズはまた何とも言えないポジショニングでファッションにエントリーをするっていう人であればユニクロよりも確かに親切だなとは感じた。

とりあえず上下で買って、髪の毛切れば誰でもそれなりに見える感じ。

手頃な値段でそれでいて綺麗目。

なんかオタクは綺麗目な格好が好きなので。

肩肘張らないようなジャケットとかは良かったかな。

ただ少しおしゃれになったらUNIQLOでもこの手のスタイルは再現可能だなって思う。

ある程度ファッションに自信を持った人がユニクロで買うことはあってもここのブランドで買う意味はそんなにないように思う。

いつかは卒業してしまうブランドで顧客の移り変わりが激しい一瞬の刹那的なブランドと見た。

違ったらごめんなさいね。

ユニクロの牙城は崩れないと言うか、なので戦わないと言う選択をみんな取る。

もっとニッチで全然良いと思う。

これを書きながらユニクロの製品を着てる。
誰もがそんな矛盾を抱えて生きている。

このブログは毎日をヒマに過ごす僕が何のモチベーションもなく、とりあえず東京のお店を沢山行ってみるって言うのをコンセプトにしたノンフィクションのヒューマンドラマだ。

Shibuya of the global work.
I performed this shop for the first time.

The first floor is women.
The second floor is men.

Though relatively a lot of people seemed to enter, do they say about women that for families?
The clothes of the feeling that, anyway, is spastic such as the ground music & ecology.

Words are no longer found.

I think with the low taste that is very popular for a Japanese woman now of the sensitivity plenty. It does not matter.

Went more to see it;, yes, go, but learn nothing.

I felt to be surely than UNIQLO kind if men were people to lose an entry by the positioning that nobody knew again in a fashion.

I buy it in top and bottom first of all, and anyone seems to be seen for it if I cut hair.

Eyes nevertheless beautiful at a reasonable price.

As some geek likes the appearance that is beautiful eyes.

Were a shoulder and an elbow good with the jacket which they did not put?

I only think when this kind of style can reappear in UNIQLO if dressed in some ways.

The meaning to buy it for with a brand here thinks that there is not it so to some extent even if a person with the confidence may win it in a fashion in UNIQLO.

I saw it with the momentary brand of instant when the change of the customer was intense with the brand which graduated someday.

I’m sorry if different.

I say that the inner citadel of UNIQLO does not collapse or take なので all the choices to say that I do not fight.

I think it to be entirely good in more niches.

I wear a product of UNIQLO while writing this.
Anyone lives with such a contradiction.

This blog is a human drama of the nonfiction which did that I say that I who spend every day in time perform a shop of Tokyo without any motivation a lot first of all in a concept.

全球化的工作的涩谷。
初次进行了这里的商店本来。

1楼是妇女。
2楼是人。

虽然好像有了可是大量比较的人对妇女说面向家庭吗?
像地线音乐&生态学那样的想办法钝的味感觉的衣服。

在此之上没发现语言。

相当觉得灵敏度的低的今天对本人的女性厉害受欢迎的味道。怎么都行。

为还有看而行ttahaiikedo什么不记住。

如果是据说人用又好极了的定位报名时装的人的话,这从优衣库更确实亲切感到了。

姑且在上下买,如果切头发的话任何人相应地看得见的感觉。

在价格合适尽管那样很好看的眼睛。

因为是什么喜欢发烧友作为很好看的眼睛的样子所以。

肩膀肘张和没有的茄克好了吗?

不过当打扮了一点的时候,能重新显现,这样的样式甚至变成UNIQLO,想。

一定程度上为了那样没有即使对信心具有时装的人可能在优衣库买也用这里的名牌买的意思想。

认为了是用早晚毕业的名牌顾客的变换猛烈的一刹那的瞬间的名牌。

当不同了的时候,对不起。

据说优衣库的总部不坍塌,或者取得nanode所有的认为不斗争的选择。

完全在更多的壁龛认为好。

一边写这个,一边穿着优衣库的产品。
任何人有那样的矛盾,生活。

是在概念做据说在这个博客,在空闲渡过每天的我姑且无什么的动机形成而进行许多东京的商店的纪实文学的人道连续剧。

コメント

タイトルとURLをコピーしました