ベルベルジン渋谷

古着


ベルベルジンの渋谷の店舗。
メンズだけだったと思う。

別に見なくても良いかと思ったら外から見えたトルソーに太畝のコールのショールカラーのジャケットが見えて、それがバチくそカッコよくて入る事を余儀なくされた。

空からの力。
未確認飛行物体。
日出る所。
島口。

その日がたまたま入荷の日だったので、スエットやTシャツ類は全球豪速球でスローボールに慣れた僕の目ではボールの残像を線として認識するのに精一杯であった。

緩急を付けたピッチング。
トルネード投法。
NOMO。

全部、古い物で尚且つカッコよくサイズ、程度がゴールデン。
ピカソ、ニルヴァーナ、ピストルズとか普通のお店だと上の方に掛かってるのがアベレージ。

古着屋のレアル・マドリード。
銀河系軍団。
もしくはマーベルズ的な一瞬の刹那。

今はビンテージとか興味ないって言うマインドなんだけど、ファッションの終着駅がヴィンテージになるっていう人の気持ちは分かりみが深すぎた。

地下5000メートル級の迷宮。
不思議のラビリンス。

他はカーハートのダッグジャケットのタイダイ柄が入り口に並んでいたけど初めて見た。
リメイクかオリジナルかは不明。
でもカッコよかったらどうだっていいじゃんね。

そこまで気をてらった物は無くてアメリカ古着の王道中の王道。
正中線って感じ。

リーバイス、チャンピョン、ラルフローレン、クージー。

NBAじゃなくて野球のリーグ。
名前ド忘れちゃったけど、そのナイロンのアウター類を見せてて、その辺りとか確かに気分だと思ったな。

そう言えば小学生の時に周りの友達は僕以外は全員、野球のチームに入っていて僕も入る様に友達から何回も催促されてた。

友達がみんなやっていたゲームとかも僕1人だけやってなかったりしたから、リーダー格の友人にみんなともっと接点を持てって言われていた。

そんな事、小学生が言うとか今思っても狂ってると思う。

結果は何もやらなかった。
興味が無かったのと友達と遊ぶのが心底めんどくさかったから。

自分の行動の原理は基本的に何もしたくねぇって事から生まれているんだと最近になって気づいた。

僕は何がしたいとか何かをやりたいって言うよりも、これは1秒もやりたくない。
愛想笑いもしない。

関心の向かない事や人に屁ぐらいのエネルギーも使いたくないと思ってる。
やりたくない事をただやらないってだけ。

今はそれだけでは生きていけないので、そんなに好きじゃない事も苦にならないぐらいならやるけど。
だから生きててストレスって殆どない。

人にどう思われるかを気にしたり、予定調和に従ったりする事、不本意な事をして生活する事が大人なら一生子供のままで良いよ。

自分の魂を騙すのは自傷行為と変わらないと思ってるから。

自分がどう思われても全然構わない。
というか貴方がこの世に居ても居なくても別にどっちでも良い。

このブログは毎日をヒマに過ごす僕が何のモチベーションもなく、とりあえず東京のお店を沢山行ってみるって言うのをコンセプトにしたノンフィクションのヒューマンドラマだ。

A store of Shibuya of the bell bell gin.
I think that it was only men.

The jacket of the shawl collar of the call of the large furrow was seen to the torso which was seen from the outside when I thought whether I did not need to see it particularly, and a drumstick shit parenthesis was good, and it was forced to enter.

Power from the sky.
An unidentified flying object.
A place to leave on a day.
Shimaguchi.

As the day was a day of the arrival by chance, it was all a sweat shirt and T-shirts could do though I recognized the afterimage of the ball with my practiced eyes for a slow ball in all ball smoke balls as a line.

The pitching that I added lenience and severity to.
A tornado pitching.
NOMO.

Size, degree are Golden in an all old thing cool besides.
It is an average that takes it toward the top when it is Picasso, Nirvana, pistols or a common shop.

Real Madrid of the secondhand clothes store.
Galaxy army corps.
Or the moment of Ma Bell’s-like instant.

Of the person that it is to a vintage the terminal of the fashion though is a vintage or mind to say that is not interested now かりみが was too deep for feeling.

A labyrinth of the 5,000 meters below ground grade.
The labyrinth of the wonder.

Though tie-dyed patterns of ダッグジャケット of the car heart formed a line at the entrance, I saw the others for the first time.
A remake or the original is unknown.
But it is parenthesis よかったらどうだっていいじゃんね.

There is not the thing which made a show of mind to there; and royal road in the royal road of American old clothes.
I feel a midline to be.

Levis, champion, Ralph Lauren, Cousy.

Is not NBA; and a league of the baseball.
Though I had forgotten the excellent front for the moment, I showed outers of nylon and surely thought that it was a feeling with the neighborhood.

That reminds me the friend of the circumference entered all the members, the team of the baseball other than me at the age of a primary schoolchild, and I was demanded many times by a friend to enter.

Because all the friends did not do only me alone with the game that there was either, it was said to the friend of the chef de file that I had the point of contact with all more.

I think that it is out of order even if such a thing, a primary schoolchild think it to say now.

The result did nothing.
Because it troubled the bottom of heart to play with one and the friend who were not interested.

When the principle of own action came out of a thing when anything was a preparation basically, I noticed it recently.

This does not want to do it for one second than I say that I want to do it what is what that I want to do it either.
I do not do the fake smile either.

I think that I do not want to use the energy of wind for a thing and the person whom the interest is not suitable for either.
Hold it when you do not merely do that you do not want to do it.

I do it now as I cannot live with that alone if it does not bother you not to like so.
Therefore I live, and there is little stress.

I mind how you seem to be a person and am enough as a child throughout the life if it is an adult that I do obeying Prastabilierte Harmonie, an unwilling thing, and live a life.

Because I think that it does not change with a self-harm act to coax own soul.

Even if oneself seems how, I never mind it.
I mean both are enough particularly even if not even if you are in the world.

This blog is a human drama of the nonfiction which did that I say that I who spend every day in time perform a shop of Tokyo without any motivation a lot first of all in a concept.

铃铃杜松子酒的涩谷的店铺。
只是人的话想。

对当认为是否不特别地需要看了的时候从外面看得见的躯干看得见太畝的呼叫的围巾彩色的茄克,括号过度好,bachi那个不得不进入了。

来自空中的力。
不明飞行物。
日离开的地方。
岛口。

因为那天偶然是进货的日虽然是在慢球在全球速度极快的腾空球适应的我的眼睛,并且作为线认识球的余像所以但是运动衫以及T恤类竭尽全力了。

附上缓急的投球。
飓风扔方法。
NOMO。

依然以及括号好,并且尺寸,程度在全体旧的东西黄金。
是毕加索,涅槃乐队,手枪或者普通的商店的话需要的在在上方是平均。

旧衣店的皇家马德里。
银河系军团。
还是MARVEL性的一刹那的瞬间。

说时装的终点站变成复古的人的心情,虽然现在是复古或者认为不感兴趣的心理可是分karimiga太深了了。

地下5000米级的迷宫。
不可思议的迷宫。

虽然汽车心的daggujaketto的taidai花纹和入口匹敌可是其他初次看了。
再作或者原始物不详。
不过括号怎么好。

没有到那里炫耀气的东西,美国旧衣服的王道中的王道。
轴线被感到。

李维斯,冠军,拉尔夫劳伦,库锡。

而不是NBA棒球的联赛。
虽然完全忘记名前可是显示出了那种尼龙的外衣类,和这附近认为确实是心情了。

对了,周围的朋友除了我以外在小学生的时候加入了大家,棒球的组,为了进入我也被朋友多次催促了。

因为也没和所有的朋友正做的游戏只做我一个人持照射所以,被和全部领导人身份的朋友更说接点。

认为即使这种事,小学生说,现在想也发狂。

结果什么都没干。
因为衷心感到麻烦对兴趣和没有的东西和朋友被闲置的了所以。

在最近是,意识到自己的行动的原理基本被产生了。

与其据说我想做什么,想做什么不如这个也不想做1秒。
假笑也不做。

认为也不想把屁的能源用于关心不适合的事情以及人。
不过不做什么没想有的话抱住。

虽然现在与其不烦恼由于什么不那么喜欢因为就这么点不能生活不如所以做可是。
因此生活,精神紧张几乎没有。

在意对人怎么想,假如做跟随计划的调和的,无可奈何的事情,过生活的是大人的话,终生按小孩的样子原封不动地好。

因为认为凑合着使用自己的灵魂的不和自傷行為变化所以。

自己怎么想,完全也不管。
无论在这个世界上有toiuka你还是没有都任何一方面特别地好。

是在概念做据说在这个博客,在空闲渡过每天的我姑且无什么的动机形成而进行许多东京的商店的纪实文学的人道连续剧。

コメント

タイトルとURLをコピーしました