エディフィス新宿

東京ファッション通信


エディフィスの新宿店。
メンズのみの取り扱い。

ビックロの裏ぐらいにこんにちは!って感じであるお店。

前に見た時はもっと大人っぽいお店だったと思うけど、少し若返った感じ。

今年の年始に豚くんに無理矢理連れられて見に行ったけど、ボーッとしてて何も見てなかったから、ちゃんとみたら凄く新鮮だった。

オリジナルの製品は別に普通。
同じ顔のパンツとカットソーがやけに多いと思ったぐらいで特に見る気もせず。

無表情でボーッとしてた。
悪魔の再現。

取り扱いのブランドはバルバ、ニードルズ、マルニ、デザント、結構ブランドは統一感無いけど、お店を面で見ると違和感はない。

間違いを探さないゲーム。

パリサンジェルマンのサッカーチームのユニフォーム類は唐突な気がしたけど、流行っているのか?
誰が買うのか?
謎。

我々イエローモンキーにはパリって書いてあれば十分なのかもしれない。

人種の坩堝。
ドーナッツ化現象の現場は何時もミスタードーナッツ。

わっしょい?

多分別注だと思うけどブルックスブラザースのダブルオックスのボタンダウンシャツがとても良かった。
カフスの所に入っているタックに職人の魂が宿っちゃっていたね。

生き霊。
シャーマン。
もしくはエクソシスト。

needlesの別注のミリタリーパンツはかなりイケてた。ブランドの定番のものなんだけれど、ポリエステルの生地を当て込んでてキャメルの色展開が凄く好き。

スラックスの様な光沢と生地のオチ感。

野球賭博の行き着く先は八百長ゲートポール。

ちょっと欲しくなって履いてみたけどオレみたいなジャップには股下が長すぎた。
来世に期待したい。

イートウツも少しあったけど何の感情もなく見てスルーした。

ブランドの名前が変わってる。

二階がスーツとアクセサリー類だったんだけどそこがデビル良かった。

久しぶりに興奮した。

ヴィンテージの時計のコーナーには古いオメガ。
ちょっと古いぐらいのはたまに見るけど、どれも見た事ない物で他のブランドは全然知らないやつだったけど、どれも周りの空気を歪ませちゃうぐらいの存在感だった。

砂漠のオアシスの蜃気楼。
それか摩天楼。
オーラの泉。
地獄に落とす細木数子。

お逝きなさい。

付けるのは金銭的に無理だし、そんなに興味もないんだけどオレでも違いが分かる程に特別だった。

ティファニー、エルメスのビンテージのアクセサリーからトゥアレグ、ナバホ、メキシカンジュエリーまで貴重な物があって目の保養になった。

アクセサリーが好きな人には是非行ってもらいたい。

ティファニーは好きでよく付けてるけど見たこともないやつでそれは正直欲しい。
買えないけど。

エルメスのシューヌダングルもネックレスから長さや太さまで多種多様にあって、これに関しては理屈じゃないレベル。

クロムハーツとかBMWとかライカとかって知らないけど多分理屈じゃないんだと思う。
想像だけどね。

トゥアレグはバングルはたまに見るけど、リングがここまで揃ってるのは初めてで、そのどれも造詣が細かくて凄くイカしてた。

個人的には普通にナバホとかよりも好きなのが多い。

予想外のサプライズもあり何時もの義務感じゃなくて
普通に心から楽しめた瞬間だった。

このブログは毎日をヒマに過ごす僕が何のモチベーションもなく、とりあえず東京のお店を沢山行ってみるって言うのをコンセプトにしたノンフィクションのヒューマンドラマだ。

Shinjuku store of Eddie Fils.

Handling only of a men’s.

Like the back of BIKKURO, hello! Please, the store where it feels like.

The feeling I thought it was more stores which look like an adult when seeing at the front, but that I rejuvenated a little.

Because he was taken by Mr. pig by force the beginning of the year, this year, and I went to see, but I was being absent-minded and was seeing nothing, if it was seen neatly, it was very fresh.

The original product is ordinary separately.

That there are a lot of same facial pants and cut and sew awfully, to the extent I thought, I don’t also think it’s seen in particular.

I was deadpan and absent-minded.

Reproduction of a devil.

When there is no uniformity for the brand fairly, but a store is judged from a vulva, needles, MARUNI and DEZANTO in a face, the brand of the handling isn’t incongruous.

The game I don’t search for a mistake. I thought it’s abrupt, but are the uniform kinds of a soccer team in Paris Saint Germain popular? Who buys it? Mysterious.

When we have written Paris on a yellow monkey, it may be an enough one.

Racial crucible.

Donut-ization, a site of a phenomenon is usual Mister Donut.

Wow, shouldering?

I thought it was probably a special order, but a button down shirt shirt of double Ochs,Adolph Simon of Brookes Brothers was very good.

Craftsman’s soul had lodged at the tuck at the cuff, had not it?

Wraith.

Shaman.

Or exorcist.

Military pants of a special order of needles were quite cool.

It’s the one of the standard brand, I expect fabric of polyester and like the color development of a camel wonderfully.

The luster like the slacks and omission sense of fabric.

Baseball gambling reaches, a point is a rigged one gate pole.

One under the thigh came to want, and it was tried on, but was slightly too long in JAPPU which looks like I.

I’d like to expect it in hereafter.

There was also ITOUTSU a little, but without what feeling did it be seen and a through be done?

The name of the brand is different.

The second floors were a suit and accessary kinds, but a devil was good there.

I was excited after a long time.

The omega old in the corner of a clock of a vintage.

NO sometimes saw so that it was slightly old, but it wasn’t that everything was seen, and the other brands were he who doesn’t know at all, but everything was the existence sense which is to the extent I made air around warp.

Mirage in an oasis in a desert.

That or skyscraper.

Spring of an aura.

Kazuko Hosoki who drops it on a hell. Die. It was impossible like money to put it and it was so so special that I wasn’t also not interested, but even I told the difference.

There were Touareg and something for which even Navaho and a Mexican jewelry are valuable from an accessary of a vintage of Tif

edifisu的新宿商店。
男子的凿子的处理。

在BICQLO的背后你好!作为tte感觉的商店。

虽然在以前看了的时候,认为是好像作为更多的大人的商店可是返老还童一点的感觉。

因为发呆,虽然为被在今年的年初猪强迫带而去了可是什么都没看当正当地看了所以的时候厉害新鲜了。

原创的产品特别地是普通。
不感觉为嫉妒一样的脸的裤子和切驳而认为多了,特别看。

在毫无表情发呆。
魔鬼的再现。

虽然处理的名牌,baruba,针,Maruni,dezanto,不错的名牌没有统一感觉是方面,并且看商店可是的话没有不协调的感觉。

不找错误的游戏。

虽然觉得唐突了可是巴黎圣日耳曼的足球队的制服类流行吗?
谁买?
谜一样。

对我们黄色猴子,也许巴黎是什么如果写了的话,足够。

人种的坩埚。
甜甜圈具体化象的现场什么时是Mister Donut。

wasshoi?

虽然认为或许是注释可是布鲁克斯兄弟的daburuokkusu的按钮降低衬衫很好了。
工匠的灵魂住在袖口那里有的褶。

活人的冤魂。
祈祷师。
还是ekusoshisuto。

needles的注释的军事裤子相当好。正期待聚酯的布料,虽然是名牌的经典的东西可是厉害喜欢骆驼的颜色展开。

像裤子那样的光泽和布料的下降感觉。

棒球赌博的到达的以前是假比赛门杆。

虽然变得有点想要,穿可是下裆在像我那样的jappu太长了了。
想对来世期待。

虽然有了一点itoutsu可是无什么的感情而看,做了通过。

名牌的名字变化。

虽然2楼是西服和配饰类可是魔鬼那里好了。

隔了好久而兴奋了。

在复古的钟表的角,旧的奥米伽。
有点旧,并且虽然是没哪一个都看过的东西,并且虽然偶尔看可是其他的名牌是完全不知道的家伙可是东西是让周围的空气哪一个都歪的存在的意义。

沙漠的绿洲的海市蜃楼。
那个或者摩天楼。
气氛的泉。
在地狱降服的细木数子。

死。

加上对金钱而言是不可能的,虽然那样没有兴趣可是甚至我对明白不同的程特别了。

从蒂芙尼,爱马仕的复古的配饰到tuaregu,纳瓦霍,墨西哥的珠宝有值钱的东西,眼睛的休养了。

想喜欢配饰的人一定去。

是虽然喜欢蒂芙尼,正好好加上可是甚至没看过的家伙,并且那个想要正直。
不能买。

爱马仕的shunudanguru关于这个在多种多样从项链到长度以及粗细不作为理由的水准。

虽然没有铬赫茨或者BMW或者莱卡和只顾自己的知可是或许认为不是理由。
是想像。

tuaregu,环到这里准备齐全是第一次,并且造诣小,手镯,那哪个都真好了虽然偶尔看可是厉害。

喜欢个人也和纳瓦霍一般地更多。

是有意外的惊奇,从心里能而不是往常的义务感一般地享受的瞬间。

是在概念做据说在这个博客,在空闲渡过每天的我姑且无什么的动机形成而进行许多东京的商店的纪实文学的人道连续剧。

コメント

タイトルとURLをコピーしました