パブリックトーキョー

東京ファッション通信


パブリックトーキョーの渋谷店。
お店自体初めて行ったけど平日でも男性客が多かった。
13時の埼京線ぐらいはいたと思う。
自分の体感だと。

親友って何か?
ずっと最近考えていた。
答えは何時でも無言で殴らせてくれる友達。
それこそが友情。

製品のツラが全部ユナイテッドトウキョウと同じだなと思って調べてみたら同じトウキョウベースがやっているブランドだった。
でしょうね!

日本人の程々にファッションが好きな人が欲しいのは、こういうのかな?って思う。
痒い所に手が届いちゃった的な。

すげーアバウトにいうとブランドは原価率が高い系のブランド。
見た感じが製品に対しての上代が異様に安いと思ったから。

それっぽいブランドなら倍の値段でも全然納得できるなっていうぐらい高品質。
あとで卸をしない前提で電卓叩いてみたら、本当にそれを可能にしてると思った。

ウィメンズのディレクションに関してはユナイテッドアローズがやってる6っていう事業部に少し近いと言うか、モードとカジュアルのミックス。

フェミニンとメンズっぽい服のミックスみたいな所を狙ってて洒落てた。
トップス、ボトムスともにスリットが入った物が多い。

特に上手だなと思うのはトップス類でピンタックのブラウスであったり、カットソー、ニットとかの変形のものやアシンメトリーの少しモードっぽい物。
サカイがやりそうなプリーツスカートもかわいいと思った。

そう言ったアイテムに対してボトムスはワイドシルエットのカジュアルな素材のものっていうのが隠されたメッセージ。

ザックリしたサイズのフーディーにはそれの逆パターンを合わせる。

そんな女子がいたら話しかけれねぇよ。
ドキドキぐ止まりません。

つまりはダイングメッセージ。
犯人はこの中にいる。
時計型麻酔銃は売って無かった。

お店で見るとメンズが特に良かった。

メンズはどの製品も良かったけれどもよくありそうなビックシルエットのシャツだったり目付けのいいロンt 、カットソーあとはオーバーサイズのフーディーっていうのもパッと見ユニクロでもいいじゃんとかボディメーカーでもいいじゃんとかっていうようなものとかでもあってもちゃんと色展開でそういう所にはない色とかを意識していて良き。

靴も良いと思ったけどキック力増強シューズは売って無かった。

普通に着たいと思わせてくれる。

色出しもどれもすごく綺麗な色だし、縫製も素晴らしい。  ディテールもこなれていて例えばダウンであればダウンパックに入れてステッチを出さないようにしているので毛も抜けなかったりする。

企画生産の人達かなり力量ある人達だと思う。
ギニュー特戦隊的な。
スカウターがパリン。

コートでもスプレッドラグランだったり、パターンメイクに対して意外な生地を当て込むと思った。

あとチェックのコートが可愛いかった。
そう言うのを着たい願望は今も少しある。

1番オススメなのはレザー。
原皮のクオリティが本当にいい。
ネイキッドのカウハイドだったと思うけど厚みと柔らかさ、重さ全ての条件を満たした良い原皮だった。

自分の体型に合う人であればライダースジャケットここで買うのが正解に近いと思う。

多感な時期に自分が知ってたらかなり喜ぶようなお店だったと素直に思える。

遅すぎる事って人生においてないと思ってる。
だけど少し遅すぎた気はした?

トレンド寄りで、なおかつキチンとした感のゾーンのそれっぽいブランドのマーケットの芽は摘んだ感がした。

ペンペン草も生えてねぇよ。
東京砂漠。

自分でも大体の東京ブランドよりもこっちを選ぶと思うもんね。

このブログは毎日をヒマに過ごす僕が何のモチベーションもなく、とりあえず東京のお店を沢山行ってみるって言うのをコンセプトにしたノンフィクションのブログです。

Shibuya store in public Tokyo.

It itself went on a store for the first time, but there were also a lot of male visitors in a weekday.

I think I swept up about Saikyo-sen at 13:00.

If it’s the sense.

What is a best friend?

I was thinking recently all the while.

The friend who makes a response hit silently anytime.

That’s friendship.

If I thought all TSURA of a product is same as United Tokyo and checked it, the same Tokyo base was the brand which is being done.

It’ll be so, won’t it?

Is it such one that a favorite person wants fashion in Japanese moderateness?

Please, I think.

It’s the mark which has reached an itchy place.

The brand of the system by which the brand has a high cost rate when I say to a wonderfulness about.

Because I thought the ancient times when seen feel is to a product were inexpensive strangely.

The brand which looks like that can consent to the double price entirely, it’s so high-quality that I say.

If a calculator was hit with the premise which won’t do wholesale later,

I thought that was made possible.

The mixture by which they’re a mode and casualness whether you say when UNITED ARROWS is a little close to a doing division as 6 about a direction of a women’s.

I aimed at the place which looks like feminineness and a mixture of the clothes which look like a men’s and was dressing myself up.

There is a lot of one by which a slit entered the tops and the bottoms.

Something transformed it’s a blouse of a pintuck to think they’re good in particular by tops kinds, and of cut and sew and a knit and something by which asymmetry looks like a mode a little.

I thought the pleated skirt Sakai seems to do was also pretty.

The message that the one as something of the casual material of the wide silhouette was hidden in bottoms to the item which said so.

Roughness, that reverse pattern is added to Who Die with the size who did.

If there is such girl, you can’t speak to others.

GU doesn’t stop throbbingly.

A jam is a dying message.

A criminal is in this.

The clock type anesthetic gun sold it, and was not.

When it was seen at a store, a men’s was good in particular.

Every product is a shirt of the Vic silhouette maybe which is good but good, and good Ron t and behind cut and sew of a superintendent officer also see the oversize one as Who Die short, and UNICLO is also fine for a men’s, here, TO or a body manufacturer is also fine, here, you may be conscious of the color which isn’t at such by the color development neatly even if it’s also of something to buy and say.

I thought the shoes were also good, but the kick power reinforcement shoes sold it, and was not.

You make them think I’d like ordinarily to put it on.

Polish, both and very clean polish and sewing are wonderful.

The details are also natural, and, for example, when it’s a down, I decid

公众东京的涩谷商店。
虽然初次去了可是商店其本身是平日,但是男性客人多了。
认为有了13点的埼京线。
是自己的身体感觉的话。

亲密的朋友是什么?
一直最近在想。
让到几点钟无言地殴打回答的朋友。
sorekosoga友情。

产品的tsura全体和联合东京一样的话是当想,调查的时候一样的东京基础正做的名牌。
那是啊!

什么日本人的适当地喜欢时装的人想要这样说吗?考虑tte。
是够得到觉得痒的地方的对象。

在惊人的关于说的话名牌是原价率高的系统的名牌。
因为看的感觉认为针对产品的上代异常地便宜了所以。

假如是好像作为那个的名牌的话,完全也不要领会倍的价格的话说优质。
当过后在不把批发换成的前提打击计算器的时候,认为真地正使那个成为可能了。

对妇女的方向,据说稍微地离UNITED ARROWS经营的达6的事业部近,或者被把方式和休闲混合起来。

瞄准了像好像作为女性和人的衣服的混合物那样的地方,打扮得漂亮了。
顶端,底狭缝一起在的东西多。

能的话特别想的用顶端类是细皱褶的女衬衣,好像作为和针织,编织物的变形的东西以及不对称的一点方式的东西。
认为好像sakai打击的百褶裙可爱了。

宽大的轮廓的休闲的材料的东西被底针对那样的项目掩盖的留言。

使那个的相反的模式和破裂成大块的尺寸的谁D相协调。

当有了那样的女子的时候话shikakereneeyo。
不安gu不停止。

就是说,daingumesseji。
在这里面有犯人。
卖钟表型麻醉枪,没有了。

在商店看的话人特别好了。

即使甚至和买,好像据说是好像好的BIC轮廓的衬衫,虽然哪个产品好了可是超过尺寸的谁D好的朗t,针织后来一下子看眼睛,甚至优衣库demoiijantoka BODYMAKER好的东西有人正当地是颜色展开也,并且正意识到在那样的地方没有的颜色,良来。

虽然认为鞋好了可是卖一踢力加强鞋,没有了。

让一般地穿。

颜色高汤也是哪一个都厉害漂亮的颜色,缝助也出色。 因为正消化,如果比方说是降低的话,也把细目放入降低包,没拿出针脚所以毛也不脱落。

是否是计划生产的人们得,认为是力量有的人们。
是ginyu特戦隊的。
sukauta是parin。

甚至大衣是推广插肩式,认为针对模式制造期待很意外的布料了。

还有的检查的大衣可爱获得胜利了。
现在也有一点想穿说那样的愿望。

作为最前头推荐的是皮革。
原皮的质量真地好。
是虽然认为是neikiddo的牛海德可是满足厚度和柔软,重量全部的条件的好的原皮。

如果是在自己的体型汇合的人的话,认为在骑手茄克这里买离正解近。

当自己在易动感情的时期知道了的时候,能相当直爽地认为是感到高兴的商店。

太晚了的在人生认为没有。
但是觉得太稍微地晚了了?

摘的感做了好像作为依然以及使由于倾向膨胀当做厨房的感的区域的那个的名牌的市场的芽。

笔笔草也是纯朴的eteneeyo。
东京沙漠。

认为甚至自己也与其选大概的东京名牌不如选这里。

这个博客是在概念做据说在空闲渡过每天的我姑且无什么的动机形成而进行许多东京的商店的纪实文学的博客。

コメント

タイトルとURLをコピーしました