スライ渋谷

東京ファッション通信


渋谷の109を一人でウロウロしてるピンクの髪の人を見たら多分僕です。

もう過ぎた事だ。
太陽はまた登った。
列車は今日も風景を置き去りにして目的地まで走っていく。

さ渋谷109の人気のショップ。
それがスライ。
仕事は辛い。
そして行く先は暗いのだ。

あーい?

結論から言うとグレイト!
売れそうだと思ったし製品も光ってた。
最後に見た時と随分、感じが変わってリブランディングみたいのに成功してるんじゃないでしょうか?

外から違う人が入ったんじゃないかと思うぐらい。

メンって言うのは男性や仲間を指す言葉では無く、1人を人間に対して言う。
なので女性もマイメン。
そんな午後の光差し込む午前0時。

製品は淡い色のトレンチコートが生地や丈違いで何種類か展開していて春のロングコートは女性の特権。
男がやるとどうしてもキメ過ぎてる感は否めない。
キャラクターにもよるけど。

低気圧体高血圧。
思いでの未来予想図。

微配色で後身をヘリンボーンにしていたり、どのアイテムもよく考えられている。
何も考えずに安く作る為に簡素化、もしくはコスト度外視でディテール、仕様を詰め込む。
それのどこでフィニッシュさせるかの美意識。
これが色々なブランド見ても結構、感じなかったりする。

ピッチングの後は必ず投げた手はキャッチャーミットを指してる。
それがコントロール。
つまりはそう言う事。

セットアップなんかも作っていてそれも普通に良いと思った。
良くある安そうなTRじゃなくてウールが入っていて値段もジャケットで1.5万ぐらいだったかな。

脳ある鷹は爪所か存在を隠す。
決して獲物には悟られない。

ややワイドなピークドラペルにダブルブレスト。
パンツはタック入りのワイド。
それでいて色はペールトーン。
かなり自分に自身がないと着れないと思うけどカッコよかったなー。

ここの会社のデニムはクオリティ高いのは周知の事だから別に何も言う事ないけどニットや裏毛とかの編み物も企画力が高高です。

二重構造になってるモヘアのニットはハギの部分で配色になっていて、質感も悪くなかったかな。

レイヤードや見頃や生地の一部が余って結べたり、ドレープが出ている系の裏毛も普通に何に合わせても良さそう。

こう言うの良く思いつくなー。
企画巧者。
それがODMメーカーが企画した物だとしても。

公道で戦車を運転すると物騒だけど、馬に乗るよりは良い。
馬の蹄が痛んでしまうから。
野球賭博。

変わり織りの共地のアウターとスカートも生地の状態でプリントを入れていて、芸が細かい。
モード風やそれっぽいだけのブランドより全然企画が上手い。

恐れいりましたよ。
実際。
独自性もあると思うし分かり易さもあって、それってとても難しい言葉だと思うので。

1.2年の間にこの服スライのって言ってた女の子何人かいた気がするけど、そう言う事なんですね。

正直、嫌々とまではいかないけど何のモチベーションも無く無表情で色々なお店見てるけど、それぐらいしないと、どんどん疎くなる。

令和以前に昭和だけど今が大切。

やり切ったら義務感で見に行くのは終わりにしたいと思ってるけど。
面倒くさいし興味もないから。

でも他にする事もないのがプロプレム。
ただ毎日暇。
別にどうでも良いけど。

あと黒い生地に対して太番手の白い糸でステッチを目立たせるのも最近良く見る。
昔良くあったよねって言うのが、どうやらまた良いっぽい。

本当にファッションって分からないわ。

If the person of pink hair hanging around Shibuya’s 109 by oneself is seen, it’s probably I.

It’s that it has already passed.

The sun was climbed again.

A train also makes the landscape left and is running to the destination today.

Well, popular shop in Shibuya 109.

That’s SURAI.

The work is spicy.

And the destination is dark. Well, are you here?

That I say from a conclusion, Great! I thought it seemed to sell and a product was also shining.

Feeling turns last a lot with seen time, and don’t you succeed to want to see a rib landing?

To the extent I think maybe a different person entered from outside.

It isn’t the word which indicates a man and my company to say noodles, I say 1 person to man.

So, a lady is my noodles, too. 0:00am when light in such afternoon comes in.

The special privilege a product is developing how many kinds a trench coat with the light color is by fabric and all difference, and by which a long coat in spring is a lady.

When a man does, the sense the texture has passed can’t be denied no matter what. It also depends on character.

Low air pressure body high blood pressure.

The future outlook chart of a memory.

Every item makes the back body HERINBON by minute coloring, and is often considered. It’s simplified or the details and the specification are packed by cost disregard to make inexpensively with thinking nothing.

That sense of beauty of where you make them finish. Even if this sees the various brands, fairly, it isn’t felt.

The means given up certainly indicates a catcher’s mitt after pitch.

That controls. That a jam says so.

I thought that was making a setup, and was ordinarily also good.

I’d like, not TR, but the wool by which it seems inexpensive was included, and was the price also about 15,000 by a jacket?

The hawk which has a brain hides at the nail or existence.

It’s never realized by a game. In the peaked lapel wide little, double breast stroke.

A tuck arrive is wide for pants.

I’m here with that, and, the color is the Peer tone.

NA when it couldn’t be put on,

I thought one had no myself, but which was quite cool.

Because denim of a company here is the case that it’s well-known that’s high, nothing to say is particularly, but the planning capability is also the high amount the knitted goods which are of a knit and fleeced inside.

A knit of the mohair which becomes a double structure was coloring at a part of a bush clover, and wasn’t the feel of a material also bad?

A layered, best time and the part of the fabric remain, and a fold can tie, and maybe may also add fleeced inside of the system to which I’m out to everything in ordinariness.

NA which can think of to say so well. Plan expert. Even if that’s the one a ODM manufacturer planned.

When a tank is driven on the highway, it’s dangerous, but it’s bett

当看了涩谷的正在109一个人转来转去的粉红的头发的人的时候,或许是我。

已经是已经过去的事情。
又爬上了太阳。
列车今天也把风景留下来,到目的地奔跑。

sa涩谷109的受欢迎的店铺。
那个是surai。
工作艰难。
以及目的地暗。

啊,有?

结论说的话gureito!
认为好像畅销了,产品也发光了。
虽然最后感觉和看的时候相当变化,想看肋条着陆但是没成功吗?

是否不同的人没从外面进入想。

用指向男性以及朋友的语言没有人说的,并且针对人类说一个人。
nanode女性也是我的人。
把那样的下午的光插进去的上午0点。

淡薄的颜色的双排扣有腰带的短外衣是否是几种正在布料以及长不同展开产品,春天的长大衣是女性的特权。
男人干的话无论如何不能否定过去kime的感。
也依靠人物。

低气压身体高血压。
在想法的未来预报图。

正把转世用微配色换成人字形,哪个项目也被好好想。
为为什么都不想而钱花得少做把细目,式样用简化或者成本轻视装入。
在那个的哪里让做完成的美感。
即使这个看各种各样的名牌也不相当感到。

投球的后来,一定扔的手指向着接球手合指手套。
那个控制。
就是说,那样的事情。

也在做装置,认为那个一般地好了。
羊毛而不是某一个好像便宜的TR好好加入了,价格也是茄克,并且是1.5万吗?

有脑的鹰遮盖指甲所或者存在。
绝对不被对猎物觉悟到。

在稍稍宽大的pikudoraperu双胸部。
裤子含褶宽大。
尽管那样颜色是佩尔调子。
虽然认为自己如果没有本身不能穿可是括号相当好了。

虽然这里的公司的粗斜纹布,没有因为高的是众所周知所以什么都质量特别地据说的可是和编织物以及背后毛的织毛衣计划能力高速高速。

质量感觉也不对不起变成了双重结构的马海尼的编织物正在小腿的部分配色吗?

花环调车场看,时分以及布料的一部分多余,能扎起来,即使布料立体皱纹也把出来的系统的背后毛一般地在什么合起来也看上去好。

这样想到说好。
计划技巧。
即使认定那个是ODM厂商计划的东西也。

与其骑马虽然在公路操作坦克的话危险不如可是好。
因为马的碲子觉得痛所以。
棒球赌博。

变化编织的们地的外衣和裙子也正把印刷用布料的状态放进去,艺小。
比方式风格以及那个的是的名牌更完全擅长计划。

非常抱歉了。
实际。
因为认为有独创性,有浅显易懂,认为那个是很困难的语言所以。

虽然这件衣服黑麦在1.2年里被登出来,说的女人的孩子几个人感觉在可是是那样的事情。

虽然正看不做可是的话正直,无tomadehaikanaikedo什么的动机形成而勉强无表情,各种各样的商店变得那么一点连续不断地怠慢。

虽然令和之前是昭和可是现在重要。

当干完了的时候用义务感去看的最后想做。
因为麻烦,也没有兴趣所以。

不过没有另外做的的是puropuremu。
不过每天空闲。
特别地怎么都行。

最近也好好看让针脚用太番手的白色的线针对还有黑色的布料显眼的。
好像什么过去好好有了,研究,说好歹又好。

真地不知道时装。

コメント

タイトルとURLをコピーしました