ノワールケイニノミヤコムデギャルソン

東京ファッション通信


ノワールケイニノミヤコムデギャルソン。
渋谷の西武で見てきた。

ウィメンズだけのラインだと思う。
メンズはなかった。

さあ 行こうか。
黄昏の向こうの戦場へ。

コムデギャルソンのブランドの中でも川久保玲さんのウィメンズのコレクションラインのコムデギャルソンにブランドの性質は1番近い様に感じる。

トリコしかり。
トリコってちゃんと見た事多分ないけど。

川久保さんよりはステッチを表に出さない所が多くあってデザイナーの方の美意識を感じる。
ブラウスも比翼だったりするので。

過剰さの中のミニマリズム。
大地が奏でるグルーブ。

隙間スイッチの奏を歌う。

既存のお客さんが試しに買って見るぐらいしか実売のストーリーがイメージ出来ないのですよ。

凄くおこがましいですが、、、

全く違うマーケット、客層へのアプローチとしてのブランドであれば、ジュンヤワタナベのメンズ、ブラック、ガンリュウ、プレイとかの方が存在意義を感じてしまう。

好みの問題ではなく。

もし川久保玲さんが企画しなくなるとしたら代わりを務める人としてはウィメンズのコレクションラインであれば適任かと思う。

自分のウィメンズのコレクションラインを着る人象はハイセンスで容姿が劣ってる人が多いと思ってるから、そう言う人にはオススメ。

心がピュアじゃないと着れない服。
それがコムデギャルソン。
製品を見て真に受ける程純粋な人の為の空間。
コムデギャルソンとは。

否定的に受け取られそうだけど、プリュスもオムもシャツも昔は自分も真に受けて着てた上であえて言葉を選んで書いた。

レディースのコレクションブランド同様に素材使いは合繊がすごく多い。
例えばPVCであるとかポリエステルのメッシュ、ポリウレタンの合皮であるとか。

それをレイヤード風にしたりって言うデザインが多かった。
個人的には異素材の切替チャイナブルゾンとかが着丈の長さ別にあったやつが悪くないと思った。

ウエストがゴムシャーリングであったり、ウエストにディテールがあるアイテムも多かったな。
袖口、襟元にギャザーが入ったアイテムの多かったけど、ギャザーの入り方が凄く綺麗。

匠の技。
ザ職人。

レザージャケットにビーズがついていたり、PVCにスタッズやプラスチックパーツや服に余り使わない付属を多く使う。
飛び道具できなアプローチ。

パンツや布帛、カットソーの針の流れやカットソーのバインダーネックとか、同じ工場だと思うけど一見してコムデギャルソン社の製品って感じ。

純粋な洋服好きの方にオススメです。
何を持って純粋かと聞かれれば価値観はあると思う。

はい。

NOWARUKEININOMIYAKOMUDEGYARUSON.

I have checked at Seibu in Shibuya.

I think a line only of a women’s.

There were no men’ses.

Well, do you go?

To a field over the twilight.

It’s felt even in the brand of KOMUDEGYARUSON as the nature of the brand is closest to KOMUDEGYARUSON of a collection line of Mr. Rei Kawakubo’s women’s.

TORIKO, temporary.

I don’t probably have that I watched TORIKO carefully.

There are places a lot more than Mr. Kawakubo where stitch isn’t taken out on the table, and a sense of beauty to the designer is felt.

Because a blouse is also fly front.

Minimalism in surplus.

The groove Daichi plays.

sou of the gap switch is sung.

A guest of existence buys and sees it on probation, to the extent, actually, with the selling point of of a story can’t be imagined.

I’m very bold, but 、、、.

When it’s the brand as the approach to the market and the visitor bed where it’s completely different, the person who is of a men’s of JUNYAWATANABE, black, a cancer dragon and a play feels importance of existence.

It isn’t a favorite problem.

I think when it’s a collection line of a women’s as the person who serves as a substitute when Mr. Rei Kawakubo doesn’t plan any more, they’re suited.

Because I think the person elephant which puts on a collection line of its women’s is the high sense, and there are a lot of people with the inferior appearance, it’s recommended to the person who says so.

The clothes which can’t be put on when a heart isn’t pure. That’s KOMUDEGYARUSON.

The space for a pure person so that a product is seen and it’s received truly.

With KOMUDEGYARUSON.

It seemed received negatively, but in addition to the receiving and wearing PURYUSU, OMU and a shirt truly before, too, you could come, and a word was chosen and written.

There is very much synthetic fiber for material usage like the collection brand of the ladies.

For example it’s PVC and a mesh of polyester and artificial leather of polyurethane and.

There were a lot of designs which make that a layered wind and say adequacy.

I thought the one by which a change Chinese blouson of the different material was according to the length of the length wasn’t bad personally.

A waist was rubber shirring, and there were also a lot of items with the details in a waist.

Of a cuff and the item by which collection entered a neck, it was a lot, but how to enter collection is very beautiful.

Great master’s work.

The craftsman. There are beads in a leather jacket, and SUTAZZU and the accessory which isn’t used for plastic parts and clothes so much are used for PVC much.

Come by firearms, approach.

A flow of a needle of pants, cloth and cut and sew and the product I think a binder neck of cut and sew is the same factory, but which sees, and is KOMUDEGYARUSON company are feeling.

I

nowarukeininomiyakomudegalcon。

在涩谷的西武看了。

我想是只女士线。

男式没有。

那么 去吗?

向黄昏的对面的战场。

在COMME des GAR?ONS的品牌中也川久保玲先生的女士的收藏线的COMME des GAR?ONS品牌的性质近1号的那样觉得。

美食猎人TORIKO责备。

美食猎人TORIKO好好地看的事大概没有,不过。

自川久保先生大量地有不发出缝缀到表的地方觉得设计师的审美意识。

因为衬衫也是比翼。

过剩的中的极简主义。

大地奏的凹槽。

唱间隙开关的奏。

原有的客人给(对)尝试试着招致以外实在印象不能卖的故事。

特别狂妄,不过、、、

完全不同的市场,如果是作为向客人层的方法的品牌,jun’yawatanabe的男式,黑,雁龙,玩儿啦吗觉得存在意义。

不是爱好的问题。

如果我川久保玲先生变得不计划作为担任替代的人如果女士的收藏线想适合吗。

穿自己的女士的收藏线的人象是为有感觉姿容劣的人思念多,那样说的人推荐。

不能穿心不是纯的衣服。

那个COMME des GAR?ONS。

看产品当真的程度为了纯粹的人的空间。 所谓COMME des GAR?ONS。

被否定的快要领取,不过,从前自己当真穿之后硬要也选出言词都写了puryusu和omu和衬衫。

女士的收藏品牌同样素材使用合纤厉害地多。

譬如是PVC是聚酯的网状物,聚氨酯的合成皮革吗? 要那个叠穿风格够说的设计多。

我想个人地与不同素材的转换中国夹克吗穿按衣长有的东西不坏。

是橡筋抽褶,腰有腰细节的条款也多。 袖口,有在(到)领子的周围皱褶的条款多,不过,皱褶进入方法特别漂亮。

木工的技能。

the手艺人。

大量地使用皮外套附有有孔玻璃珠,为PVC为铆钉和塑料零件和衣服不太使用的附属。

远射的武器能方法。

裤子和布帛,想是裁剪车缝的针的流动和裁剪车缝的纸夹脖子啦吗,一样的工厂,不过初会COMME des GAR?ONS公司的产品觉得。

是为纯粹的西服迷推荐。

我有什么被听见是纯粹想有价值观。

是。

コメント

タイトルとURLをコピーしました