ジバンシー

東京ファッション通信


表参道のジバンシー
メンズとウィメンズ、バッグ小物類

デザイナーがリカルドから代わってクレア・ワイト・ケラーになって初めて見た

ジバンシーの歴代のデザイナーってその時その時ホットな人がやっていて、コレクションブランドだとその時のデザイナーの話題性、人気がそのままブランドに影響する事があると思う

リカルドの起用と彼のデザインは当時の時代感に凄くマッチしていると思ったしその時のジバンシーがハイブランドの枠を超えてストリートファッションにも多くの影響を与えた

リカルドの作るメンズは時に黒くゴシック調でまた時にはブリティッシュなチェック柄にスタッズをあしらっていてそれをマッチョなモデルが着るっているスタイル
時には大きなプリントの入ったカットソー等を出していてそれは東京でも着ている人を良く見た

今のラグジュアリーストリートファッションの様なスタイルの走りが自分はカニエウエストだと思っていて、僕がカニエを知った当初は全身ラルフローレンを比較的ジャストサイズで着ていたけどある時期からジバンシー、リックオウエンスを着てって言うスタイルになっていった

それから成功したミュージシャンがハイブランドを着るっていう流れが出来て行ったのかなぁって言うのが自分の見解かな

今のダットシューズに近いトレンドでハイブランドのスニーカー特にハイカットのバスケットシューズってその時も流行っていたしね

ランバン、ジバンシー、クリスヴァンアッシュ、ピエールアルディとかも流行ってた

クレアの才能の多可と言うよりの彼女の作るムードが少し時代感やブランドのお客に合っていない様に自分は感じたけど

実売はどうなんだろう?

ウィメンズのバック、シューズ類はなんだかんだ、かわいいと思う

金ボタンが結構無邪気な感じで付いたチェスターコートとかも悪くなかったかな
ウエストにバイカラーで切り替えが入っているのは分かりやすいと思ったけど女の人が着たいと思うかは分からない

乙女心の難解さ
毎回の事だけどドレスみたいな物は見ても全然分からない
凄く美しいと思ったのはエディのぐらいかな

メンズは製品にキレが無いと感じちゃったかもしれない
流して考えた感じがした

モッズコート、ma1、ミリタリーアウターとかは全体的にコンパクトなシルエット
赤と黒の配色も多かった

あとは何処かで見た事あるアワードジャケット
全体的にその辺りのブランドを参考にしているのかな?って思った
または経営の人にそう言われたりとか

ウレタンコーティングのタイトなデニムとか見てもそう思った

良くも悪くも昔のミラノコレクションに参加しているブランド感みたいなものを感じてしまったかな

デザインや物作りの力量と実売は全然比例しないって
漠然と思ってた部分があって昨今はそれを特に感じる

自分が思う結論はこう
究極ファッションの神様に嘘をくつ事は全然問題ない

自分の正義をそれぞれ追求したらいい
自分に嘘をついたり自分を殺したりはオレはしないよ

Givenchy in Omotesando.
Men’s, women’s and bag small articles.

A designer changed and was Claire Wight Keller, and judged from Ricaldo for the first time.

A hot person is a designer of successive generations of Givenchy then then, and I think there is a case that that case’s designer’s topicality and popularity influence the brand just as it is if it’s the collection brand.

Givenchy of that case thought Ricaldo’s appointment and his design agreed with the time sense in those days wonderfully and also had many influence on street fashion beyond the limit of the high brand.

The men’s Ricaldo makes is sometimes black and is gothickness, all over at the time of a macho model is treating SUTAZZU in British check patterns, and puts that on the style I need.

That was sometimes taking out cut and sew with big prints, and often saw the person who wears Tokyo.

One thought it was KANIEUESUTO, and whole body Ralph Lauren was worn with the just size relatively on the first when I knew KANIE, but run of a style like the luxurious street fashion now was being Givenchy and the style by which I’m putting on and say RIKKUOUENSU from the time to have that.

The musician which succeeded could do the flow that the high brand is put on, and did you go, is it the view to say?

The basketball shoes by which sneakers of the high brand are a high cut in particular were also in fashion at that time by a trend near the Dutt shoes now and. Lanvin, Givenchy, Chris van ash, Pierre Hardy and sucker were popular.

One felt so that the mood she than Taka of Claire’s ability makes didn’t fit a visitor of the time sense and the brand a little.

Actually, with the selling point of for how is it? A bag of a women’s and shoes kinds, how many, it’s conversion, I think it’s pretty.

A gold wild boar seemed quite innocent, and weren’t the Chester coat which stuck and duck bad?

I thought it was easy to understand that a waist contains a change with the bye color, but I don’t know whether a female person would like to put it on.

Difficulty of the girl’s mind. Even if it’s each time, but the one which looks like a dress is seen, it isn’t understood at all. Is it about Eddie NO that I thought it was very beautiful? Maybe a men’s has felt that there is no dryness in a product.

The feeling that I let it run and thought did. A mods coat, ma1 and a military outer are the silhouette compact overall.

There were also a lot of red and black coloring. The award jacket it’s that I saw where the back was.

Is the brand around it being consulted overall?

Please, I thought.

Or you say so for a person of management, and it’s of adequacy.

Even if tight denim of an urethane coating was seen, I thought so.

Was the one which looks like the brand sense with which you participate in an old Milanese collectio

表参道的纪梵希 男式和女士,

包小部件 设计师由rikarudo更换出自Crea·waito·凯勒才看了 我想那时那时热的人搞着纪梵希的历代的设计师,

是收藏品牌那时的设计师的讨论价值,

受欢迎有可能就那样影响品牌 对rikarudo的起用和他的设计感到当时的时代感特别调和着那时的纪梵希超越hiveLand的框框给(对)街头时尚也给予了多的影响 rikarudo做(制作)的男式时候很黑地以黑体字风格再时候为大不列颠的格纹对待铆钉阳刚的模型穿那个在的风格 拿出大的印刷进入时候的裁剪车缝等那个很好地看了在东京也穿的人 现在的豪华街头时尚的先生的风格的跑自己思念是蚊子乜腰,

我知道蚊子乜的当初比较以整尺寸穿着,不过从某时期开始穿去全身拉夫.劳伦纪梵希,

rikkuouensu成为了说的风格 然后是出现了成功的音乐家穿hiveLand说的流动啊吗说自己的见解吗 以靠近现在的dattoshuzu的倾向hiveLand的旅游鞋特的high cut的篮球鞋那时也流行着 浪凡,

纪梵希,克里斯VAN艾熙,与pieruarudi流行着 自己对与其说Crea的才能的多可不如说的她制作的气氛稍微没与时代感和品牌的客人相合的那样感到,不过 实在卖怎样吧?

这样那样,考虑女士的背部,鞋类可爱 与以相当天真烂漫的感觉附有铜钮扣的切斯特大衣不坏吗 想双色转换进入腰易懂,不过不明白想女人穿吗 少女心的费解 是每回的事,

不过看全然也不明白礼服那样的东西 想的特别美丽埃迪的吗 男式说不定觉得产品没有忽然生气 流(放)感到了考虑的感觉 Mods大衣,与ma1,military外套吗整体地紧凑的人影 红与黑的颜色的配合也多 有以后是在何处看的事的时间do茄克 整体地参考那个附近的品牌吗?

te想 或被经营的人那样说啦 氨甲酸酯表面涂层紧凑的牛仔啦吗看那样也想 对竟敢坏也从前的米兰时装展感到了参加品牌感那样的东西吗 与设计和东西制作的能力实在卖全然不有比例 有模糊地想的部分近来特感到那个 自己考虑的结论请求 为最终时尚的神鞋事全然没有问题谎言 各自追求自己的正义就好了 对自己撒谎杀死或者自己我不做

コメント

タイトルとURLをコピーしました