Right-on

東京ファッション通信

美しくない人生にもなれた

その言葉はお前を腐らす

その目は口よりも雄弁に語る

原宿の明治通り沿いにあるカジュアルの量販店

ライトオン

お店初めて行ってみた

僕はエーリアン

夜の20時を過ぎても営業してるのがオススメのポイント

原宿のお店は閉まるのが早いので

ラフォーレも別に見るところないし

店内の広さは都内の服屋で三番目に広いそう

昨日の読売新聞にそう書いてあったかもしれない

ちゃんと反応してくれー

お店の横にはカフェが隣接されていて、なんつーか唐突もないなと思った

生きている自分が本当は怖かったんだ

取り扱いのブランドはカジュアル衣料の定番以外にもカンゴール、ヴィジョン、マークゴンザレス、エビス、クロなども置いてあって思ったよりもファッションっぽいと思った

スピンズにある服に似たような若い人向けのストリートって感じのトップスが多い様に感じた

ロゴロゴロゴ

ただ原宿まで来てファミリー向けのお店で買い物する人がイメージできないけど

細胞かっ開け!

ウィメンズ見ても主婦が着る服に自分には見えたかな

ちょっと厳しいと思う

普通に良いと思うのがヘインズのビーフィーT

ヘインズのジャパンフィット着ると良いらしいけど普通の赤パックが好き

ヘインズのそれ以外のカットソーで色展開を、揃えて並んでいたけど、それはボディがカッコよくなった

キャンバーのカットソーも見ると良い

すげーウエイトがヘビーで気分転換になりそう

好きな生地の重さとかタッチって気分で変わるから

半袖の無地のカットソーで6000円

普通に結構高い

これも買うお客さんはライトオンでは、買わない気はする

チープマンデーも置いてあって、スキニーデニムのほかにカットソーもあってロゴのTシャツとか普通に可愛いいと思ったな

ライトオンには無かったと思うけどチープマンデーのウィメンズが全体的可愛いと渋谷のビューティーアンドユースで前に見て思った

今度行ってみる

デニムの品揃えは流石、日本のブランドだとエビスもやってる

懐かしい   トップスとかアウターもオリジナルで世界観のあるブランド

多分デニムしか無かったけど

あと意外なのがクロ

一昔前にセレクトショップでよく扱っていたブランド

生地、加工、値段、シルエット総合的に凄くよく出来ている

ステッチワークやポケットの形とかを微妙にデフォルメしてるのが特徴的で人気なのかと思う

自分が着る目線だと余計な事しなくて良いのにーって所だけど、これぐらい特徴を出した方が売れるんだろうな

今すぐスーツを燃やして手作りのボートを太平洋に浮かべようよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました