ヒューマンメイド

東京ファッション通信

レジェンドNIGOさんのブランド。

ヒューマンメイド。

アベイシングエイプの先。

ヒューマンメイドはNIGOさんの本当にパーソナルなブランドの様に感じる。

NIGOさん自身が洋服のコレクターで着想はヴィンテージにあるのは知られてる所。

ファッションに対してメチャクチャ奥行きがある人が作るファッションの境地。

Tシャツ1枚とってもプロダクティブで、編み地が均一じゃない生地に丸胴の見頃にバインダーネック。

グラフィックがどれもレイドバックした緩い感じのグラフィックで極めてアメリカ的なんだけど古着屋探しても同じ様なのは無いみたいな。

アウター、パンツ、シャツ、どれも知識量が半端じゃない人だからレプリカっぽくなりがちになりそうな所なんだけど古い紡績の生地を使ってこのディテールを当て込むんだっていう意外性。

色柄の使い方、サイジングも古着屋じゃ見つからない。てか他にもない。   良い意味で古いけど新しいというか、  オリジナル。

ただ奇抜な物がもてはやされる風潮もあって、悪い事とは思わないしそれが面白い事も確かにある。

NIGOさんもここまでは忠実にクラシックにってボーダーラインを自分に設けていると思う。

そこから先の捻り具合はこれまでの計測値を信じてるからやれる自信。

垣間見得ます。

前にライダースジャケットを見たんだけど超飛ばされた!

襟の大きさや角度、原皮や加工。

そんなイケてる服作る事が出来る人がいるんだと思った。

錬金術。

コメント

タイトルとURLをコピーしました