オープニングセレモニー

東京ファッション通信

アメリカ発のセレクトショップ。

アメリカのお店だけあってニューヨークコレクションに参加してるブランドが多い。

意外に日本のブランドも多いと思った。

お店が渋谷にあった頃にノムデゲールのデニムを友達とお揃いで買った事を思い出した。

というか穿いてのを見て欲しくなって後日こっそり買いに行った。

ALEXANDER WANG、KENZO、TOGA、HELMUT LANG 等を取り扱っている。

メンズ、ウィメンズだとウィメンズの割合多い。

ウッディーな内装や美術館みたいなディスプレイのセレクトショップは多いけどオープニングセレモニーは海外のセレクトショップをそのまま持ってきたと言うか。

感じた事を言語化できないけど、ブランドの直営店で見るのとは同じ製品でも全然違って見える。

それがセレクトショップは面白い所だと思う。

ここのお店で見てみる価値はある。

メンズは割とメインストリームのストリート。

他のそういったセレクトのお店よりはギラギラした感じがしない。

ウィメンズはトレンドの1番早い物をセレクトしている。

保守的な物はあまりなく、どれも着れる余地はあるけど一癖ある物。

フロアでカジュアルとエレガンスを分けている。

共通して感じるのがカッコいい女性像というか。

クール、セクシーって感じ。

オリジナルも多くあって。

一見普通にモードのブランドに見えるぐらいデザインコンシャスだけど意外に買いやすい値段。

キャンバスのバッグは持ってる人多く見る。

人気なんでしょうね。

たまには行った事お店を見に行かないと思った次第であります。  はい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました